スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岳父の姓「非常によろしい」…みんなの渡辺代表(読売新聞)

 みんなの党の渡辺代表は15日、国会内で記者会見を開き、上野公成元参院議員(70)の女婿で、経済産業省の官僚だった上野宏史氏(39)を参院比例選の公認候補として発表し、群馬選挙区には候補者を擁立しないことを明らかにした。

 渡辺代表は「官僚を使いこなす前に官僚を選ぶのが党の基本的なテーゼ(方針)。霞が関の現場で働いてきた上野さんは、党にふさわしい人材」と胸を張った。

 宏史氏が、姓を「小林」から義父と同じ「上野」に変更した点について、渡辺代表は、芸名で活動する蓮舫参院議員(民主)らを挙げ、「タレント名も許される。上野(うえの)は、群馬県の上野(こうずけ)という地域名でなじみ深い」と説明。「たまたま奥さんの父上が上野という姓で、そういうことを考えると非常によろしいのではないか」と述べた。

 宏史氏は「上野という名前には(地元の方から)色々な思いをいただいている。思いをすべて引き継ぎ、群馬で活動するけじめの意味でも上野で立候補したい」と、“ご当地候補”としての決意を語った。

 また、「世襲」や「自民」のイメージを持たれかねない点について、渡辺代表は「親父(おやじ)は親父、倅(せがれ)は倅。どう行動するか、政策と覚悟で一致できれば問題ない」との認識を示した。

古美術商、1億円超盗まれる=車内から―神戸(時事通信)
ネット選挙の現場 ツイッターで政局も発信(産経新聞)
「辞任タイミングはセーフ」小沢氏、再生に決意(読売新聞)
財産は後継機「はやぶさ2(仮称)」へ 太陽系の大航海時代幕開け(産経新聞)
<北海道知事>急性腹症で入院 15日に退院予定(毎日新聞)
スポンサーサイト

三浦朱門さんが車にはねられ軽傷 東京・上野(産経新聞)

 元文化庁長官で作家の三浦朱門さん(84)さんが4日午前、東京都台東区上野公園の路上で、60代の男性が運転するワゴン車にはねられる事故に遭っていたことが4日、警視庁上野署への取材で分かった。三浦さんは頭に軽傷を負ったという。同署は事故原因を調べている。

 同署によると、現場は片側2車線の道路。三浦さんは横断歩道のないところを渡っていたという。

【関連記事】
「嵐」二宮が人身事故 東京・目黒の交差点
俳優の宝田明さんが追突事故 けが人なし 東京都北区の交差点で
送迎バス衝突、園児4人けが 名古屋・名東
民間憲法臨調、3日に憲法フォーラム
広告大賞、三浦朱門さんあいさつ

桜島噴火で繁華街に大量の灰、空薄暗く(読売新聞)
鳩山首相辞任 最後まで“宇宙人” 目うるませ「不徳のいたすところ」(産経新聞)
近鉄子会社の粉飾決算、前社長を特別背任罪で告発(産経新聞)
閣僚席次、福島氏辞任で変更(時事通信)
<強盗未遂容疑>交番に「拳銃よこせ」67歳逮捕(毎日新聞)

<普天間移設>10~15年後見直し 日米共同声明に明記へ(毎日新聞)

 政府は20日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、28日にも発表する日米両政府の外務・防衛担当4閣僚(2プラス2)による共同声明に、10~15年後に代替施設の必要性を含めて合意を見直すとの規定を盛り込む方向で調整に入った。

 声明では移設先を米軍キャンプ・シュワブがある「名護市辺野古周辺」とする方針で、「結局は県内移設」との反発に対し、「沖縄に基地を固定化させない」との姿勢をアピールする狙いがある。声明と併せて鳩山由紀夫首相が記者会見などの形で発表することを検討している政府の対処方針にも、同様の規定を明記する。

 国民新党は代替施設の使用期限を15年とするよう提案している。自民党政権下で県内移設を受け入れた沖縄県の稲嶺恵一前知事も「15年の使用期限」を条件としていた。ただ米側は軍事基地に使用期限を設けることに否定的なため、安全保障環境の変化などを踏まえた合意全体の見直し規定とする考えだ。見直し規定を設けることで、「県内移設反対」の沖縄県民世論の風向きが大きく変わる可能性は低いとみられる。

 政府は対処方針や共同声明の詰めの調整に向け、20日、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。21日には外務・防衛の日米審議官級の実務者が協議する。移設先を「辺野古周辺」とするのに加え、日本側は沖縄県内で行われている米軍機訓練を全国の自衛隊基地へ分散移転▽米軍基地の環境問題に関する特別協定締結--なども明記するよう米側に求めている。【仙石恭、野口武則】

【関連ニュース】
普天間移設:「政権合意なく問題」福島少子化相
普天間移設:27日に知事会 訓練の分散移転受け入れ協議
普天間移設:下地氏が渡米 米議会関係者と意見交換へ
普天間移設:日米4閣僚共同声明も 政府対処方針に合わせ
普天間移設:徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官

自らの言葉と矛盾 辺野古移設を説明、沖縄県民ソッポ(産経新聞)
<原爆症訴訟>78歳女性を認定 千葉地裁判決(毎日新聞)
<詐欺>ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発(毎日新聞)
<脱税容疑>東京の建設会社と社長を告発 東京国税局(毎日新聞)
拳銃向け「撃つぞ!」加藤被告は「ナイフを落とし、崩れ落ちるように座った」 秋葉原殺傷(産経新聞)

ニセ女医、元夫は医師…勝手に免許持ち出す?(読売新聞)

 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任予定だった医師が無資格だった事件で、医師法違反容疑で逮捕された大阪市天王寺区、無職一宮輝美容疑者(44)の元夫が医師だったことが17日、捜査関係者への取材でわかった。

 一宮容疑者が、病院側に送った偽造の医師免許証の登録番号(医籍)が、元夫である医師の免許証のものと一致していたことが確認された。宮古署は、一宮容疑者が元夫の免許証を勝手に持ち出すなどして、コピーを保管していた可能性もあるとみて、公文書偽造にあたるかどうか、引き続き慎重に調べている。

 一宮容疑者は、同時に着任予定だった男性(38)分と合わせ計2通を病院にファクスしたが、もう1通の登録番号は実在しない可能性が高いこともわかった。

 複数の捜査関係者によると、一宮容疑者には結婚歴が数回あった。そのうちの1人が医師と判明したため、同署は今月8日の逮捕後、大阪に捜査員を派遣。この元夫からも事情を聴き、登録番号の確認を進めていた。

 一宮容疑者は、病院の求めに対し、一貫して医師免許証の提出を拒否していた。だが、4月30日深夜にファクスしてきた免許証には、公印がなかったり、厚生省(当時)の担当局長名が間違っていたりしていた。

三島賞に東浩紀氏=山本賞は貫井徳郎、道尾秀介両氏(時事通信)
ドーベルマン、散歩中の男性とトイプードル襲う(読売新聞)
宝くじ 収益が天下り法人に 年360億円超(毎日新聞)
政府・民主マニフェスト意見交換会 消費税、溝くっきり(産経新聞)
北関与なら6カ国開催不可能=哨戒艦沈没で岡田外相(時事通信)

ドリームジャンボ 発売始まる 銀座では300人が列(毎日新聞)

 1等・前後賞合わせて3億円の「ドリームジャンボ宝くじ」(第583回全国自治宝くじ)の発売が12日、全国一斉に始まった。東京都中央区銀座4の「西銀座チャンスセンター」では、雨の中、発売を待ちわびる約300人が列を作った。発売は6月4日まで。

 11日午後7時半から徹夜で並んで一番乗りになった川崎市幸区の無職、細川秀司さん(58)は「ちょっと寒かった。これまで1万円しか当たったことがないから、1等は夢だよね」と話していた。記念イベントに参加した女優の高島礼子さんは「夢が広がって5月病もふっとぶような気持ち。今すぐ買いたいですね」と盛り上げた。

 当選本数は1等2億円27本、1等前後賞5000万円54本、2等1億円81本など。同時発売される「ミリオンドリーム」(第584回全国自治宝くじ)は1等100万円7000本。抽選日は6月15日。【池田知広】

【関連ニュース】
高橋大輔選手:橋下知事から「感動大阪大賞」
武蔵野市:家具の転倒防止器具、無料配布へ /東京
アイ:国東の「開運ロード富来路」 遊び心で楽しんで /大分
ドリームジャンボ宝くじ:「笑顔にしたい」 幸運の女神がPR /大阪
高島礼子:西田敏行と“一戸建て”の城に

十数件に関与? ひったくりで少年逮捕 警視庁 (産経新聞)
<鶴見川女性遺体>いかりで沈める 遺棄容疑で捜査(毎日新聞)
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業(医療介護CBニュース)
<国連報告書>脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割(毎日新聞)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
プロフィール

ふじえきよいち

Author:ふじえきよいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。